不眠解消の方法とコツTOP > 不眠の解消法について > 不眠の薬について〜市販の睡眠薬も

不眠の薬には、いろいろなタイプがある

 
不眠の薬とは、言うまでもなく飲むだけで眠気を催す作用がある薬剤のことです。睡眠薬とか睡眠導入剤ともいいます。

不眠の薬は、大きくわけて医師の処方箋が必要なタイプと、薬局で処方箋なしに購入できるタイプがあります。医師の処方箋が必要な睡眠薬は、現在ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤が主流となっています。これは大脳辺縁系に働きかけるので、高ぶった神経を沈静化し、緊張や不安を和らげることによって、眠りへといざないます。ある意味、アルコールよりも安全だといわれています。

不眠の薬は命にかかわったりして、危険だというイメージをもたれている人もいるかもしれません。しかし、それは昔の話。昔はバルビタール系(バルビツール系とも)のものが主流でした。これは脳幹にある睡眠中枢や覚醒中枢に直接働きかけます。そのため同時に呼吸も抑制してしまい、血圧が急激に下がる危険もあったのです。また耐性もできやすく、定量をオーバーして飲んでしまうと、致死量に達してしまうこともあったのです。作家が自殺目的で不眠の薬を利用した事件もありましたから、そういったイメージが根強く残っているのかもしれません。

しかし前述したように、現在医師が処方する睡眠の薬の主流はベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤であり、バルビタール系は使用されていません。多少のふらつきや健忘(物忘れ)などの副作用もありますが、命に危険はないのです。

不眠の薬には、作用時間によって種類が分かれます。長短時間作用型のハルシオン、アモバン、マイスリー、短時間作用型のレンドルミン、エバミール、ロラメット、リスミー、デパス。そのほか中間時間作用型、長時間作用型にも、それぞれいくつかの種類があります。睡眠薬はアルコールと一緒に飲むことは危険なので禁じられています。服用法は、医師の指示に従うことが大切す。寝る30分前に摂取することが多いようです。

短時間作用型の不眠の薬は作用が短いので、副作用が出たとしても短時間だけです。ちょっとした物忘れなどですね。ただ服用をやめると、禁断症状が出ることもあります。

いっぽう長時間作用型の不眠の薬は、作用が長引くのでその日一日、持ち越してしまうという副作用があります。その日の精神や運動能力に影響があるわけです。

 


こういった医師の処方が必要な不眠の薬のほかに、薬局で簡単に購入できる睡眠導入剤もあります。それがドリエルやグッスミンです。

ドリエルは、抗ヒスタミン剤の一種である「ジフェンドラミン塩酸塩」を配合しています。抗ヒスタミン剤は市販の風邪薬にも含まれています。そのため風邪薬を飲むと眠くなるわけですね。

もういっぽうの不眠の薬「グッスミン」は、トマト酢とGABA(ギャバ)を配合しているという睡眠導入剤。ギャバは玄米や醤油、味噌にも含まれています。ですから、夕食時にトリプトファンやビタミンB群が豊富や納豆と卵に、醤油を入れて食べると同様の効果が得られると考えられます。もちろん安眠に役立つ硫化アリルという成分を含む、刻んだネギも忘れずに。

 


不眠の薬には、アメリカで人気を博しているメラトニンのサプリメントもあります。こちらは副作用なども不明のため、日本ではサプリメントとしては販売されていません。ネット上では外国や個人輸入業者から購入できます。ただ効果も実証されておらず安全性もわからないので、食材から摂取しましょう。

睡眠ホルモン・メラトニンが含まれている食材はケール(青汁など)やアメリカンチェリー(大粒の、黒みがかったさくらんぼ)などです。トリプトファンを取り込んでも、体内でメラトニンに代謝されます。トリプトファンは、牛乳などの乳製品、卵白、大豆(納豆など)といったものに多く含まれています。
不眠を解消するための秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら