不眠解消の方法とコツTOP > 不眠の解消法について > 不眠のサプリメントについて

不眠のサプリメントは食材からも摂れる

 
不眠のサプリメントは、錠剤からとることになりますが、食材から摂取することも有効です。むしろ酵素も一緒に取れますから、栄養成分を単体で摂るよりも、食材として取り入れたほうがいいでしょう。いろいろな成分も同時に摂取できます。

不眠のサプリメントに限らず、一般的に言えることですが、きちんと表示されている成分が含まれているのか鵜呑みにはできません。多く含まれていると謳っていても、実際はほんの少ししか含まれていなかったり、保存料、着色料などが含まれていることもあります。

不眠のサプリメントを購入する場合は、信頼のおける大企業の錠剤を飲みましょう。そうすれば安心です。大企業ならホームページで成分の詳細を公開していることもあるので、気になる人はサイトを訪問してみるとよいでしょう。

 


さて不眠症に効くサプリメントとしては、ビタミンやミネラル、GABA(ギャバ)、アミノ酸、カプサイシン、グリシン、メラトニンなどがあります。

ビタミンのなかでは、とくにビタミンB群が不眠解消に効果的だといわれています。ビタミンB群は食材でも簡単に摂取できますので、毎日の食事に加えてみてはどうでしょうか?ビタミンB1は卵黄や牛乳、玄米、豚肉、ナッツ類などに含まれています。これは精神のビタミンと呼ばれていて、興奮した神経を静める働きがあります。不眠のサプリメントを利用してもいいでしょう。

ビタミンB12も安眠・快眠には有効な成分です。
ビタミンB12は、卵黄、大豆、貝類、味噌、醤油などに多く含まれて居ます。ですから昔ながらの日本食は、不眠解消にとても効果的なわけですね。不眠サプリメントを摂らなくても、夕食を日本食に変えるだけで、よく眠れるようになる可能性があります。ビタミンC、E、D、A(ベータカロチン)も重要です。不眠のサプリメントなどを利用して、すべてのビタミンをバランスよく摂取することが大切です。

ミネラルではカルシウムやマグネシウムが、神経を沈静化させ、リラックスさせる効果があります。カルシウムとマグネシウムは2:1の割合で摂るといいといわれています。カルシウムだけだと細胞内に多く入りすぎてしまい、返って健康に悪いという人もいます。カルシウムを有効利用するには、マグネシウムと組み合わせることが大事なのです。マグネシウムはバナナとかナッツ類に含まれています。そのほかミネラルでは鉄分や亜鉛なども重要です。不眠のサプリメントを利用すると、バランスよくすべてのミネラルを摂取することができます。

ギャバは、間脳視床下部に存在する抑制性神経伝達物質。脳幹に存在するノルアドレナリンやアセチルコリン、セロトニン、ドーパミン、ヒスタミンといった興奮性神経伝達物質を抑える働きがあります。ギャバを摂取すると、脳幹網様体による睡眠中枢への刺激が減少するため、眠気が出てきます。ギャバは玄米や醤油、味噌などに含まれています。寿司や納豆などに醤油をたっぷりつけて食べれば、そのあと眠気が出てくる人もいることでしょう。ただ塩分過多にならないために、食後はナトリウムを排出する作用のあるカリウムを含む食材を摂取しましょう。果物がいいですね。

 


不眠のサプリメントそのものといったものに、カプサイシンやグリシン、メラトニンの錠剤があります。カプサイシンは唐辛子に含まれている成分を抽出したもの。食べると体温が急激に上がります。そのため体温を下げる作用が働き、そのときに眠くなるのです。グリシンはアミノ酸の一種で、眠りを深くする作用があります。ただし、寝付きやすくなるわけではありません。寝たあとに、深いノンレム睡眠が現出するのです。分解されれば、体のコラーゲンとして使われますので、副作用はありません。

不眠のサプリメントの代名詞ともいえるメラトニンは、アメリカで人気があります。日本では売られていません。メラトニンはケールの青汁から摂取するのが一般的になっています。ケールには、ビタミンやミネラル、食物繊維、酵素、メラトニン、ベータカロテン、たんぱく質、脂質などがバランスよく含まれているので、健康食としても大変すぐれた食材となっています。



不眠を解消するための秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら